胆のう癌の症状

発症率は低い胆のうがんは早期発見で治療して治すことが出来ます。お悩みの方はこちらのクリニックへお越し下さい。

胆のうがんについての豆知識

胆のうがんは、胆道がんの総称の一つになります。他には、肝内胆管がんでこれは分類上は肝がんになり、細胞の性格は胆道がんとされています。またファーター乳頭がんという病気もあります。日本では、年間に1万7千人以上の方が胆道がんになっています。得に50歳以降にかかりやすい病気とされています。それでは何故胆のうがんにかかるのかですが、これには原発性の硬化性胆管炎や炎症性の腸疾患、または膵胆管合流異常症で総胆管嚢腫があります。また寄生虫や化学物質であるジグロロメタン、トロトラストなどがあります。これらの原因が無くても胆のうがんにかかる人は多いのですが、その場合は、原因は良くわかっていません。胆のうがんになると、なにが起きるのかというと、腫瘍によって胆汁の流が悪くなり、黄疸や胆管炎が起こる事があります。

癌の治療に工夫する事で得られる事

胆のうがんの治療には、代表的なものとして、外科治療、放射線治療、化学療法で抗がん剤があります。腫瘍の存在範囲や、本人の体調を考慮して治療方針を決定します。手術が出来る方に対しては手術を行います。しかし手術が出来ない患者さんに対しては、必要に応じて、黄疸や胆管炎に対して工夫が行われます。局所の進行胆のうがんに対しては、放射線治療で対外照射、腔内照射を行い、光力学療法を行ったり、また遠隔転移のある胆のうがんの患者さんに対しては、化学療法を行います。このようにいろいろな治療法を工夫して行う事で、患者さんに対して適切な治療法が見つかるのです。とどこおっている胆汁の流れをよくする処置も行われていて、PTCD、ステント、内視鏡的ドレナージなど症状に応じてより適切と思われる処置を行っています。

NEWS

食生活で工夫

大腸がんを防ぐためには、食生活の見直しと改善を行うことが重要です。お肉ばかり食生活ではなく、食物繊維など体の健康に必要な栄養素を摂ることで、効果的な予防が期待できます。

Read More

胸の再建手術

乳がんで胸を失ってしまった場合、再建手術で胸を形成することが可能です。保険が適用されて費用が低くなり、誰にでも手術を受けることができます。手術を考えた際は医師によく相談しましょう。

Read More

髄膜腫の特徴

髄膜腫には良性のものが多く、完治する可能性も高いことがその特徴です。気になる症状がある場合、まずは医療機関を受診して検査してみましょう。髄膜腫であった場合、医師と相談して治療方針を決めましょう。

Read More

女性がかかるがん

乳がんにかかる女性は年々増加しています。親族に乳がん患者がいる場合、その発症率は高くなります。乳がんは早期発見が大切で、採血検査などの乳がん検診を受ける女性も増えています。

Read More

ヘルニアの治療

ヘルニアとは、椎間板の内部が神経を圧迫して痛みが乗じる病気です。症状が悪化すると手術が必要になることもあり、保険が適用できないこともあります。技術の高い医師に手術を担当してもらうことが大切です。

Read More